THE PINT ビール研修記(ベルギー編 / 最終回 )

 いよいよ大詰めのビール研修。10月24日(土)にフランクフルトから列車に乗り、ベルギーのブリュッセルに到着したのは夕方でした。
ホテルにチェックインしたあと、早速グランプラスへ!ずっと行ってみたかった場所です。石畳の広場を取り囲む市庁舎や古い建物がライトアップされ、とてもきれいでした。
 前日の余韻でイマイチ本調子ではありませんでしたが、まずはア・ラ・ベカスへ。ここはランビック(酸味のあるビール)を楽しめる店で、かわいらしい陶器のジャーに入って出てくるビールを自分でグラスに注いでいただきます。疲れた肝臓に酸味が良いのか悪いのか分かりませんが、チェコやドイツではお目にかからなかったサッパリとしたビール
です。この日はそのあとに、研修中あちこちで見かけていたケバブ屋さんで夕食を済ませ、土曜の夜で大盛り上がりのパブでビールを一杯いただくだけでホテルへ戻りました。
 
 翌日、行くつもりだった醸造所が日曜休みということに気づき、急遽ウエストフレテレンへ行くことに。ここはいくつかの条件を満たしてはじめて認定される、現在ベルギーには6カ所しかないトラピストビールの一つです。ブリュッセルから車で数時間、周りに畑や森しかない細い道を少し不安になりながら進むと、突然ビールを飲む人々がワサッ!といる場所に到着。修道院の横にあるレストランでした。最寄の駅でも5キロほど離れていてバスなどもないのに、地元の方らしき家族連れがあふれんばかりです。天気がよかったので、外の席にもグラスを傾けつつ談笑する人々がたくさんいました。ここでいただけるのは5.8%、8%、10.2%の三種類。ゴクゴク飲むのではなく、じっくり楽しむタイプのビールです。現在のところここに来ないと飲めないし買えないというこのビールは、どれもコクがあり、ベルギーらしいおいしさでした。



 そして帰る段になり、近くにホメルビールの醸造所があるはずだということに気づきました。以前樽生でいただいたホメルがとてもおいしかった印象があり、早速捜索。たまたま見つけたホップ・ミュージアムで聞くと、「日曜だし、予約してないと醸造所見学は難しいでしょう。ホメルの樽生も、店によってあったりなかったり…」とのこと。近くのパブで「ホメルの樽生が飲みたいんだけど」と聞くと、「今日この町でビアフェスがあるから、きっとそこで飲めるわよ!」と、ちょっと色っぽいママが教えてくれました。ラッキー!すぐに会場へ行きました。
到着するとまだ始まったばかり。体育館のような会場の壁に沿って、小さなブースが20個ほどできています。入口でグラスとビール引き替え用のコインを買い、リストをもらって中に入りました。ホメルもあります!今や数えきれないほどある日本の大規模なビアフェスと違いアットホームな感じで、時間が経つにつれ子どもから老人まで地元の人々がどんどん増えていきます。それでも並ばないと買えないということはなく、椅子とテーブルも十分あり、居心地のよい時間が流れていました。日本も初期のビアフェスはこんな感じだったんじゃないかなぁ、こんなのがいいなぁと思いつつ、教えてくれたパブのママに心の中で感謝しながらブリュッセルへ戻る道すがら、だんだんと私の体調が悪化。連日の肝臓フル稼働と車酔いでダウンしてしまいました。研修はツライ…。
 
 
………それでも朝は来る。帰国を翌日に控えた今日は、THE PINTでも常設しているグリゼット・ブロンシュの醸造所サン・フーヤンとアポイントをとっています。ダウンしている場合じゃありません。ブリュッセルから車で1時間ほどの町にあるサン・フーヤン。行く途中で、車ごと入れる酒屋さんに立ち寄りました。倉庫のような大きな建物の中はビールが所狭しと並び、地元の方は車で乗り付けてケース買いしていくようです。見たこともないビールもあり、ビール好きにはパラダイスのような店でした。
 


 そしてサン・フーヤンに到着。通常は土曜日にしか受けていない醸造所見学を案内してくれたのは、小柄でハツラツとしてかわいらしいBさんです。つい数年前まで使われていたという小さくて素朴な醸造所から始まり、最新鋭の設備が整った醸造所までじっくり案内していただきましたが、びっくりしたのは15ℓのボトル。現在は製造していないそうですが、いったい何人がかりで注いでいたんでしょう…。
 じっくり勉強した後は、試飲タイムです!お言葉に甘え遠慮なく次々と試飲(?)させていただきましたが、どれも度数は高め。昼間からすっかりよい気分になってしまいました。私たちのような小さなビア・バーの人間を快く受け入れて時間を割いてくださったBさん、ありがとう!

 
 このあとブリュッセルへ戻りましたが、最終日がここで終わるはずもなく。まずはランビックのカンティヨンで醸造所見学&試飲 → ピンクの象で有名なデリリウムカフェで一杯 → ビールを飲みながらムール貝や灰色エビのコロッケで夕食 → 最後はア・ラ・ベカスを再訪。世界三大ガッカリと言われてしまっている「小便小僧」の銅像を見学することも忘れず、宿へ戻りました。
 


 翌朝。重たいスーツケースを引きずってブリュッセルの空港でチェックインし、成田へ向かう飛行機では席が離れてしまったので各自で研修。スイスらしいデザインの缶ビールが、この研修の飲み収めとなりました。
 
 
********************************************************************************************************************
 チェコから始まりドイツ、ベルギーと移動しながらの研修旅行。ビールの味わいは少しずつ変化していきましたが、どの国にも共通しているのはビールが生活に根付いていること。それを実感できた理由のひとつは、車でないと行けない醸造所にも行け、地元の方がビールを楽しむ姿をたくさん目にすることができたからです。運転してくれたUさん、ケニー、 感謝してます!!
 想像していたよりもずっと研修らしく、観光もなく、ひたすらビールを追い続ける濃厚な旅。 誰にもマネできないであろう素晴らしい研修でした。この旅をサポートしてくれた皆さん、本当にありがとうございました。
 
そしてブログを最後まで読んでくださった皆さん、ありがとうございました。ここには書ききれないこぼれ話もありますので、続きはお店にて!
 
最終的なビール総摂取量:二人で約39ℓ(その他ワインなども少し…)。
見学した醸造所:8カ所
ビール研修した店:32軒
 

 
| thepint | ビール研修の旅 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
THE PINT ビール研修記(ドイツ 後編)(改)
 日本を発って6日目、ドイツに入って3日目。朝9時頃Uさんのご自宅へ行くと、食べきれないほどの朝食が準備されていました。昨晩遅くまで付き合ってくれたにもかかわらず、帰宅してから焼いたというリンゴのケーキまで!あのあと焼いたなんて、
感謝を通り越して驚きでした。そして食後にデ・モーレン(オランダのバーレイワインのようなビール/abv10.2%)をひと舐めして出発!今日はいよいよ、バンベルクのブリュワリー&パブ巡りです。
 ラオホビール(燻製のビール)が有名なバンベルクですが、それだけではありません。
丁度ボックが飲める季節だったので、まずはミュンサンバッハーでヴァイツェンボック。ブリュワリーのお母さんとおぼしき女性が注いでくれたそのビールは、濃くて深くて、肌寒い季節にピッタリの味でした。
 ドイツでは、一つの地域に教会とブリュワリーが一つずつあるのが昔ながらのスタイルのようで、バンベルクでは今でもそのスタイルが多く残っています。ブリューパブが村の寄合所のような役割をしているのか、午前中
だというのに先客がいました。


 こんなに小ぢんまりとした地域でも独自のビールがあるということに驚きましたが、この日訪れた数々のブリュワリー(ブリューパブ)は、どこもそのような感じで、まさに地元に根付いたビール屋さん。生活の一部もしくは文化として脈々と続いていることがよく分かります。(地域の)人々と(地域の)ビールがとても深く結びついている。日本人と“日本酒”も、ここまでではないんじゃないかな…。Beer Bar THE PINTはビールは作っていませんが、こんな風に地元に根付いた店になれたらいいなと思いました。

 早朝から始まったバンベルクでの研修。社長自ら工場を案内してくださりビールもたっぷりいただいたヴァイヘラーを始め、たくさんのブリューパブでビール、ビール、さらにビール、そしてビール…。こんなに多種多様なビールを、しかも試飲グラスではなく、一日かけて徹底的に飲んだことは今までありませんでした。
 やがて夜も更け、最後はラオホビールが有名なシュレンケルラへ。金曜日だったこともあり店の外で飲む人がいるほど大混雑でしたが、バンベルク最後の夜を〆るにはここしかありません。やはり日本でいただくボトルとは違って、燻製香はしっかりあるのに、そしてシコタマ飲んだあとなのにスーっと入っていきます。とはいえ一杯飲むのがやっとな肝臓状態。
 体の大きいドイツ人のFさんもさすがに今夜は酔いが回ったのか、家に帰ってからも「一緒にもう一杯!」とご機嫌でしたが、私たちはもうイッパイイッパイデス…。おやすみなさいを言ってベッドに入るとすぐに眠りに落ちました。



 
 翌日の早朝。あれだけ飲んだので本当なら寝ていたいところを起きてきてくれたFさんに見送られ、Uさん宅へ行くとまたしても、ヴァイス・ヴルスト(白ソーセージ)をメインにした素敵な朝食を準備してくれていました。正直私たちはだいぶグロッキー…。でも何とかおいしくいただき、UさんRさんFさんに心から感謝しつつバンベルクでの濃厚な研修を終えました。
 
 この日はまず車でバンベルクからフランクフルトへ行き、フランクフルトからは二人で列車でブリュッセルへ向かいます。でもその前に、「ドイツでケルシュを飲んでみたい」というリクエストに応えて姉が探してくれたフランクフルトの店で、本来ならケルンで飲むべきケルシュを飲む研修。ケルシュは専用の細いグラスでいただくのが一般的です。本場ケルンでは、グラスを入れるための穴(?)がある専用トレーで運ばれてくるとか…。日本でいただくケルシュよりも、本場のケルシュはさらにすっきりとした味わいでした。けれどもここまでの蓄積のせいか、この時点で水が一番おいしいありさま。
 グラスに残った一口のビールを指して「これ飲める?」と聞かれて、首を横に振るマスターを初めて見ました。ベストな状態だったらケルシュはもっとスルスル入ったはずなのに。またいつか研修をし直さなければと思いつつ、爆睡しながら列車でブリュッセルへと向かいます。
 

日本を発ってからここまでのビール総摂取量:約32ℓ(二人で)。 そろそろ限界か…。
 
(次は最終回 ベルギー編です)

 
| thepint | ビール研修の旅 | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
THE PINT ビール研修記(ドイツ 前編)

 日本を発って4日目。プラハからミュンヘンへ向かうバスではパスポートをチェックされることもなく、
気づけばドイツに入っていました。さすがドイツ、車窓からは一面のホップ畑が!収穫は終わっていましたがホップ用の高い棚が延々と広がっています。

 辺りが暗くなった頃ミュンヘンのバス停に到着。現在ドイツで暮らしている姉夫婦と落ち合い、まずはアウグスティナーのケラーで久しぶりの再会を祝いました。さらにアウグスティナーのビアホールに移動して杯を重ねつつ、本場のヴルスト・ザラート(ソーセージのサラダ)、レバー団子のスープなども味わいましたが、どれも絶品!マス(1ℓジョッキ)でいただくビールも格別です。隣の席になった陽気なドイツ人のおじさんのおかげもあり、楽しく過ごせたドイツ最初の夜の研修。店を移動し、ハッカー・プショールで〆となりました。
 

 そして翌朝。ミュンヘンといえばヴァイス・ブルスト(白ソーセージ)です。昔は保存の問題などから午前中しか食べられなかったこのソーセージは、ヴァイツェンと一緒にいただくのが定番だとか…。まずは地元の店にて、ヴァイス・ブルストとヴァイツェンとプレッツェルで朝食です。ヴァイス・ブルストの食べ方は独特。ソーセージの縦方向にナイフを一筋入れ、フォークでソーセージを固定しつつナイフで皮をこそぎ取るようにして身(?)だけをいただきます。食感はフワっとして、魚のすり身の練り物のような軽い感じ。おなかにもたれない朝食にぴったりのソーセージで、甘みのあるマスタードと一緒にいただくとおいしさ倍増でした。
まだ午前中ですが、店内にはカードゲームをしながらビールや食事を楽しむおじさんたちが数組。ドイツのビール屋さんでは、カードゲームを楽しみながらビールをいただく光景をよく目にしました。

朝食でおなかを満たしたら、今日はバイエルン州の北に位置するバンベルクへ向けて出発!でもせっかくなので途中でも研修。昼食がてらバイエンシュテファン醸造所の隣にある直営店レストランへ立ち寄りました。ここは、大学の敷地内にあります。この大学の学生、うらやましい…。

 
 
 そして車を走らせること数時間。到着したバンベルクは歴史のある町で、世界遺産に登録されている旧市街の街並みはとても趣があります。バンベルク交響楽団も有名。でも今回訪問した目的は、まずはなんといってもラオホビール(燻製のビール)です。日本で飲むボトルのラオホビールは燻製香が強くてあまり好みではありませんが、以前バンベルクのおみやげでいただいたラオホビールを飲んで以来、ぜひ一度ドラフトで飲んでみたい!と思っていました。もちろんラオホビール以外にも、おいしいビールがたくさん作られています。

 この夜は、ドイツ人の友人Uさん行きつけの店で一杯いただいてから、ラオホビールが有名な「スペチアル」へ!

ここは1536年創業のブリューパブ。木曜日だというのに店内は人でいっぱいです。
さっそく念願のラオホビールのドラフトをいただきました。はたしてその味は…、オイシィーッ!!色も薄く燻製香も軽く、スルスル入るタイプのビールです。これがドラフトのラオホかっ!と驚きました。印象的だったのは、店に連れて行ってくれたドイツ人のFさんが「ラガー」といって注文すること。この町では、「ラガービール」といえば「ラオホ」なのか…?!
肉料理も続々。肉の横には、チェコで「クネードリキ」と呼ばれていたものがドイツバージョンになったような「クネーデル」というジャガイモの練り物の丸い塊が添えられています。






 日本ではラオホビールといえばシュレンケルラが有名ですが、「シュレンケルラにもラオホじゃないビールがあるよ」と言ってFさんが冷やしておいてくれたヘレスを寝酒にし、明日に備えます。明日はバンベルクのフルコース。あんなに濃い一日になるとは思いもせず、築400年というFさんの素敵なご自宅で眠りにつきました。

 



(ドイツ 後編につづく)

 
| thepint | ビール研修の旅 | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
THE PINT ビール研修記(チェコ 後編)
 
 ちょっと飛ばし過ぎた感のあるチェコ初日と二日目を終え、三日目はバドワイザーの名前の由来となった「バドヴァー」の工場見学へ。「バドヴァー」はプラハからチェスケー・ブディェヨヴィツェまで列車で約2時間半、さらにトラムで15分ほどの町はずれにあります。ブリュワリーツアーまで少し時間があったので、隣の直営店で早速研修を開始しました。いただいたビールはペールラガーやダークラガー。ジョッキのフォルムが何とも可愛らしく、印象的でした。
一緒にいただいたのはビーフ・グヤーシュに豚肉の煮込み。どちらにも「クネードリキ」という蒸し(茹で)パンがたっぷりついています。さらに「水死体」という恐ろしい名のソーセージのピクルスは、日本にはありそうでない一品でした。


 ツアーでは、バドヴァーの歴史やボトル詰めの様子、使っているモルトやホップ、冷蔵設備などを見学させていただきましたが、そんなことよりも頭に残ったのは、超かわいいガイドさんの話。
「こちらはドライバー用のビールです。アルコール度数は0.5%になっています」(えっ?ドライバーも0.5%ならいいんだ…)

「アメリカに輸出する時には、うちのビールは名前を変えなければいけないんですッ!」(おや?やはりバドワイザーに対しては、何かしら思うところがあるのか…?!)

文化の違いと複雑な歴史を感じました。

 最後の試飲まで無事終え、列車でプラハへ。隣のカップルが、大きなペットボトル入りのビールらしきものを一人一本ずつラッパ飲みしているのを横目に、今回は大人しく帰りました。


 
 プラハ最後のこの夜の研修は「ウ・フレク」へ。広い店内は人であふれています。席について天井を見上げると、照明がジョッキ型!とても雰囲気があります。この店のビールは、自家醸造のダークラガーしかありません。飲み干すと「いらない」と言わない限りわんこビール状態。空いたジョッキは下げられ、ビールで満たされたジョッキが置かれていきます。そして飲んだ分だけ白い紙に線が引かれていくシステム。

同じビール、しかもダークラガーか…と思いましたが、不思議とスルスル入る!飽きない味で、気付けば二人でジョッキ7杯飲んでいました。
 


 




 そして翌日。今日は14時過ぎのバスでミュンヘンへ移動する日です。午前中に少しは観光もと思い、プラハ城へ向かいました。ところが、この日はどこかの要人がいらしているとかで城の周りは警官だらけ。結局プラハ城には入れませんでしたが、高台からのプラハの町の眺めは素晴
らしかったです。最後に旧市街の広場でウルケルを飲みおさめてバス停へと向かいました。




 













 スーツケースを引きずりながらバス停があるメトロの駅に到着したものの、停留所が見当たりません。マスターが駆けずり回ってやっと見つけた時は出発時間ギリギリでしたが、チェコの通貨を使い切ろうと近くの売店へ。なぜかケチャップかマスタードのどちらか1つしか付けてくれないホットドッグを購入し、頬張りながら一路ミュンヘンへ!これからドイツビール三昧です。
 
成田を発ってからここまでのビール総摂取量:約16ℓ(二人で)。まだ大丈夫。
 
(ドイツ編へつづく)



 
| thepint | ビール研修の旅 | 22:38 | comments(1) | trackbacks(0) |
THE PINT ビール研修記(チェコ 前編)

 2015年10月18日〜28日でチェコ→ドイツ→ベルギーをめぐる研修。日本から約13時間
フランクフルト経由でたどり着いたプラハはすっかり夜でした。

ホテルにチェックインを済ませると、「ウ・メドヴィードクー」で夕食。以前「宮崎ひでじビール」さんに勤めていらしたチェコ人のVさんがビールを醸造している店です。この日はあいにくお会いできなかったので、チェコ名物のチーズフライなどとあわせてスペシャルビターやヴァドバーなどを堪能し、翌朝ブリュワリーを見学させていただきました。
 

 ここはプラハで一番小さいブリュワリーです。木樽で発酵させている様子や、個人に特別ビールを作る設備なども見せていただきつつ、朝から試飲に試飲…。ひでじビールさんの「月のダークラガー」を彷彿させるダークラガーや、プラムを使ったブラウンラガーなどを味わわせていただきました。

お忙しい中対応してくださったVさんに感謝しつつホロ酔いで、今回の研修の目玉のひとつ
「ピルスナー・ウルケル」へ向かいました。ピルスナー・ウルケルは1842年に
生まれた、ピルスナービールの元祖です。ビール屋がチェコに来て訪問しないわけには行きません。


 

 プラハから西へ列車で1時間半ほどのプルゼニュ(ピルゼン)駅からほんの数分、地面の表示に従って工場へ向かうと、大通りに出た途端に辺り一面甘い麦汁の香りが!初めての経験に興奮し、歩みも早まります。

参加した100分のブリュワリーツアーは、ウルケル仕様のバスで広い敷地を移動し、釜やボトリング工場などを見学します。そして最後は地下の貯蔵施設の見学。昔、一定の低い温度を保つために作られた広大な迷路のような場所で、ひんやりとした空気と独特の雰囲気に、昔にタイムスリップしたような感覚になりました。そしてお待ちかねの試飲は、なんと木樽に入った無濾過のピルスナー・ウルケル!!ここでしか飲めない貴重なウルケルに感動…。ボトルでも穀物感のあるウルケルですが無濾過のものはさらに濃く、まるで飲むパンのようでした。このビールが生まれなければ、日本のビールはどんな風になっていたでしょう…。

直営店で、生ニンニクを擦り付けたパン&タルタルをつまみにドラフトのウルケルを味わい、ニンニク臭を漂わせながらプルゼニュを後にしました。


 

 

 プラハへ帰る列車でもウルケルを1本。プラハに戻ってから2店ハシゴ研修。
ホテルでも、ウルケルの会社で造られているガンブリヌスを1本…。
今思い返すと、最初から飛ばしすぎたのかもしれません…。


 

(チェコ 後編につづく)

 
| thepint | ビール研修の旅 | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE